腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?

最近、テレビ番組で特集されたことなどから、とても注目されている言葉ですが、小腸の終わりから大腸にかけての様子のことを指す言葉なのだそう。

そんな腸内フローラを健康に保つには、腸内の細菌のバランスが重要だそうで、健康的な環境づくりには、腸内の善玉菌を増やすことが重要なのだそう。

で、腸内環境を整えると言えば、昔から言われているように、ヨーグルトの力はかなり心強いようです。というわけで、腸内フローラについては、専門サイトなどにお任せするとして、ここでは、腸内環境を美味しく守ってくれる、これから注目されそうなヨーグルトを使ったレシピを中心にご提案したいと思います。

さっぱりクリーミーな水切りヨーグルトフライ

水切りヨーグルトとは、市販のプレーンヨーグルトをコーヒーフィルターやキッチンペーパーなどを使って数時間置き、水分を切った状態のヨーグルト。クリームチーズのような堅さなので、ヨーグルトとはいえ、フライを作ることができちゃいます。

しっかり水切りした方が、揚げやすいので、オススメです。

ぬか床がなくても美味しい漬物を!

ぬか床をお家で作って管理するのは、なかなか難しいものだけど、少しでも美味しい漬物が食べたいと思ってたどり着いたのが、ヨーグルトで作る漬物です。

簡単に作れる点、ニオイなどが気にならないから冷蔵庫での管理が楽、というところも気に入っています。

今年は塩ヨーグルトに注目!?

ヨーグルトで作る漬物も、プレーンヨーグルトと塩がベースなので、実は塩ヨーグルトで漬けているようなものです。漬物用だけというのではなく、塩ヨーグルトとして作っておけば、料理の下味や隠し味などとしても重宝ですし、レシピの幅も広がりそうです。

簡単万能ソースでおいしさUP

最後になりますが、ヨーグルトを使った様々なソースは、サラダや揚げ物などで大活躍。マヨネーズや市販のドレッシングに比べ、塩分の調整ができたり、ヨーグルトを使うことでカロリーを抑えることができたりと、健康志向の方には、オススメです。

ヨーグルトを使ってお肉を美味しく

最後に、ヨーグルトを使えば、外食でしか食べられないイメージのタンドリーチキンも、美味しく簡単に作ることができますよ。

この記事を書いたユーザー

モリノミアラ このユーザーの他の記事を見る

笑う門には福来るをモットーに、野球と銀魂と競馬、さらにコーヒーとスイーツとにゃんこを生きる糧に、漫画・アニメ・ゲーム・ドラマなどをこよなく愛する呑気モノ

権利侵害申告はこちら