先日YouTubeに公開されたばかりで、閲覧回数が5日間で1千万回超えするほどネットで話題になっている動画があります。それはスカイダイビングの訓練中に起きたアクシデントでした。

オーストラリアのスカイダイビング・アカデミーでトレーニング中の訓練生の22歳のクリストファー・ジョーンズさん。彼は元々パイロットを目指していたそうですが、持病のてんかんで、一時は夢を諦めました。しかし、どうしても空を飛ぶことを夢見て、スカイダイビングに挑戦をしました。

過去4年間一度もてんかんの発作が起きていなかったため、教官もジョーンズさんも大丈夫だろうと思っていたいたところ、昨年の11月14日、オーストラリア州でスカイダイビングの練習を受けている最中にアクシデントが発生しました。

まずは、キャプチャをご覧ください。

これから空中に飛び降ります。

成功

出典 https://www.youtube.com

ジョーンズさんの顔は確かに笑顔でした。

出典 https://www.youtube.com

様子がおかしい!突然異変が起こったようです。

出典 https://www.youtube.com

強風に煽られながら発作に苦しみます。

出典 https://www.youtube.com

みるみるうちに豆粒に・・・。このままでは地面に叩き付けられてしまう・・・!!・・・

次の瞬間!

インストラクターがジョーンズさんをキャッチ!!

出典 https://www.youtube.com

一緒に飛んでいたインストラクターのシェルドマン・マクファーレンさんの両手が、ジョーンズさんの身体をキャッチしました!

出典 https://www.youtube.com

危機一髪の瞬間、パラシュートが開きます。

自分の両脚で地面に着地!

出典 https://www.youtube.com

高度1000mのところで意識を取り戻し、自分の力で着地しました。

ジョーンズさんの話によると、もしかしたら発作が起きかねない・・・と教官が承知の上で、今回のフライトに挑戦したようです。このアカデミーでは、設置高度に達した時点で、パラシュートが自動開傘するADDシステムを使っているそうです。

仮に、インストラクターがキャッチできなかったとしても、ジョーンズさんが落下して地面に叩き付けられる可能性は低かったとのこと。

恐怖の瞬間から危機一髪!の瞬間を捉えた動画はこちら

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら