女性管理職問題が炎上

女性管理職について、つぎに紹介するのが炎上の記事だが、これに限らずこのようなライフスタイルはよくいろいろなセミナーで取り上げられている。

帰宅後、夜7時から10時は子供に集中し、子供が寝てからメールを開いて夜中の3時ぐらいまで仕事をする今のスタイルも、メンターを見習って徐々に身に付けたものだ。

普段は夕方5時に帰っても、週に1日は残業デーとして遅くまで仕事をすることもある。子持ちの管理職は惜しみなく知恵を出し合い、励まし合う態勢ができている。

出典 http://president.jp

女性管理職のロールモデルとは?

ママ社長の実態

出典 http://www.gettyimages.co.jp

企業トップの女性リーダーにおいては、少なくとも炎上記事のような痛々しい管理職の姿はない。

あの記事が書かれた2年前より少しだけ、イクメンや託児など、子育て世代へのキャリアパスが開かれていると思われる。

とくにグローバルシーンにおいての女性リーダーには、
・家事
・教育
・運転手
などのアウトソースが完備されているので、性差によるデメリットは何もない。

この国がまだ女性管理職問題で低迷している理由は、トップになるまで出産のチャンスを持てないことかもしれない。

ママたちの取り組み

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これからも子育てアウトソーシングの最前線をご紹介して参ります。

この記事を書いたユーザー

平山佐知子 このユーザーの他の記事を見る

会社経営。3児と10カ国の海外旅行を経験。 日本のママを世界一にするための情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス