映画監督としての顔がよく知られる伊丹十三さん

出典 http://itami-kinenkan.jp

『お葬式』や『マルサの女』など、数々のヒット作品を生んだ映画監督、伊丹十三さん。実は、映画監督にもさまざまな才能に溢れた方で、愛媛県松山市にある「伊丹十三記念館」は、名前にちなんで13の顔を持つ男として、商業デザイナー、俳優、エッセイスト、イラストレーター、料理通、猫好きなどの顔を紹介しています。

愛媛県松山市内にある伊丹十三記念館

出典 http://itami-kinenkan.jp

Twitterにはこの「伊丹十三記念館」による公式botがあり、映画監督・俳優・エッセイストとして活躍した伊丹十三さんの著作から、映画撮影・食・車・ファッション・日本人論など様々な事柄に関するユニークな一言を1日3回ツイートしています。

哲学的なもの

役者論

子育て論

配役論

人生論

どの言葉も何だか深く、時代に関係なく心に響いてきます。

この記事を書いたユーザー

ayk このユーザーの他の記事を見る

福岡在住。Amebaみんなの編集局公式ライター。旅、食、スポーツなどのジャンルについて書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス