アメリカ・ケンタッキー州の学校での演奏シーンが動画投稿サイトYouTubeに投稿され話題を呼んでいます。

7歳から12歳の学生による、総勢55人で結成された校内アンサンブル。そんな彼らがヴィブラフォンやパーカッションなどで演奏するのは、レッド・ツェッペリンの楽曲!演奏されているのは、「Immigrant Song(移民の歌)」「Kashmir(カシミール)」「The Ocean(オーシャン)」という、なかなかロックな選曲となっています。

出典 YouTube

ネット上では「この子たちロック過ぎるだろ!」「驚くべき光景だ!」「この子たちの将来が楽しみだ!」などと話題になっています。

こんな授業だったら、音楽の授業も楽しいものになるでしょうね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら