出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです。

マイクロチップといえば、日本でも環境省がペットへの装着義務化を検討しているそうですが、スウェーデンのあるオフィスでは、従業員への装着を試験的に行っているそうです。

米粒ほどの大きさのチップを体内に埋め込むのですが、それによって、例えばコピー機へのアクセス権が提供されたり、サンドイッチを購入するために使用することもできるんだとか。

テレビのリポーターが、実際にそれを試したうえで取材をしている映像があったのでご紹介します。

出典 YouTube

(チップを注入する担当の人、ちょっと厳つすぎないですかね。。)

エピセンターのCDO(最高開発責任者)で、スウェーデンのバイオハッキング団体バイオニフィケン(BioNyfiken)の会員でもある「ハンス・ハーブラッド(Hannes Sjoblad)」氏の見解によると、近い将来、個人が好む好まないにかかわらず、マイクロチップの埋め込みは避けることができなくなるということですが・・・

あなたなら受け入れられますか?

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス