「白杖」を持って歩いている人、見かけたことがある人もいると思います。

そういう人を見ると「この人目が見えない(全盲)なんだな。」と思い、何が手助けをしたくなることも筆者はあります。

しかし、そういった人が急にスマートフォンを使い出すことがあります。それを見て、「目が見えてないんじゃないの? その杖は嘘なの?」という誤解を受けることが、白杖を使っている人にはあるそうです。実際、私の友人は白杖を使っていますが、スマートフォンもパソコンも使います。

白杖は全盲、全く見えないわけではないのです。

そういったことを主張しているtwitter上のツイートをまとめました。では、ご覧下さい。

白杖使用者は誤解されやすい

上記にも書きましたが、私の友人で目が見えにくい障害を抱えている友人が白杖を使っています。しかし、スマートフォンもパソコンもバリバリ使うし(見えやすいように障害者用の設定に変更しています。)杖の感覚で地形を覚えることが出来るようで、時には杖なしでスラスラ歩いたりします。

それを見て、普段杖を使っているのは同情してもらいたい為なんじゃないか、という心無いことを言う人を筆者は見かけたことがあります。

無知は時として人を傷つける。だからこそ、正しい知識を身につけておきたいですね。人を差別しない為にも。

(文/だいちゃん(∀))

この記事を書いたユーザー

だいちゃん(∀) このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス