英語の苦手な人でも、映画や海外ドラマで必ず聞いたことのある言葉。それは『FUCK』。

使うタイミングや状況によって意味は異なりますが、日本語で同等の言葉を見つけるのは難しいもの。

日本で英語教師をしているイギリス人男性が、『FUCK』の使い方を日本人に伝授しています。

Teaching F**k to Japanese People

出典 YouTube

このビデオはイギリスのTV番組『Rude Tube』でも紹介されました。

因みに『FUCK』は英語圏の国では放送禁止用語であり、活字でも『F**K』と伏字にされるとても下品な言葉とされています。

海外旅行前の英会話レッスンには役立ちませんが、知っていて損は無いかも...?

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス