「一人の少女が自殺しました」

涙がこぼれそうになるのをこらえながらTEDで演説を始めたのは14歳のTrisha Prabhuさん。

ネット上のいじめを苦に自殺した少女の話を知り、深くショックを受けました。
そして世界中にネットでのいじめを苦に自殺する人が多いことに。

その少女のSNSアカウントには、「なんでまだ生きてるの?」「あなたってほんとに醜い」そんな、いじわるで、彼女を苦しめる、恥ずかしいメッセージがたくさん送られていました。

このことをきっかけにTrish Prbhuさんはネット上のいじめをなくすひとつのシステムを開発しました。

RETHINK before you type。"タイプする前にもう一度考えて"がコンセプト。

彼女が開発したシステムは、いじめを行ってしまう側の人に直接問いかけます。

SNSサイトに、人も気持ちを害するようななワードが含まれているコメントを投稿しようとすると、ダイアログボックスが現れて、こう問います。

「人を傷つける言葉を含んでいます。本当にこれを投稿したいですか?」と。

その結果、投稿させるのを、71.1%から4.7%に減らすことに成功

出典 https://www.youtube.com

一部SNSだとしても凄い効果ですね。

出典 YouTube

ちゃんと考えれば送ろうとしている言葉が人の気持ちを害するというのは誰でも分かる。
それを気づかせてくれる素晴らしい仕組みですね。


当たり前の気持ちに気づかせてくれるこのシステムがもっともっと根付いていくことで、
少しでもネット上でのいじめが無くなればと思います。

この記事を書いたユーザー

Black Panda このユーザーの他の記事を見る

Ameba公式ライター。ネットで話題のニュースや、裏技系、海外の気になった広告を中心にお伝えしていきます。

権利侵害申告はこちら