今彼より元彼に会いたい。

昔の私ではなく今の私を見て、そして口惜しがって。そんな女性心理を見事に言い表してますね。この名コピーを生んだエステのTBCからは、他にも数々の名コピーが生まれています。

ぜったいきれいになってやる

岩をも砕く固い決意が感じられますね。始まりはここからでした。

私脱いでもスゴイんです

第一印象が悪いと、第二印象にすすめない

肌みせって、密かな告白かも

多少力み過ぎでもいい、自分に自信を持つのは大事なことですね。自尊心を育てるのも自分です。自信があなたを強くします。

恋になるのは、ちょっとの差

自信が生まれると、周囲を見渡す余裕もできるようです。恋に落ちるまでに時間がかかるようになったのも、選ぶ自由が生まれたからでしょうか。

ハートをあげる。ダイヤをちょうだい。

こちらはサントリーのコピーから。おっと直球で物欲をぶつけてきましたね。女性はみんなダイヤモンドがお好き。マドンナが『Material Girl』を歌っていた1984年からそう遠くない、1988年にこのコピーは生まれました。時代の空気が見事に切り取られていますが、こうなると見も蓋もありません。

ごめん、もう本命しかいらない。

そして物欲を前面に押し出すと、ゴメンナサイされることも。努力の方向があさってに行ってしまう。苦い経験を積むことも人生には必要ですね。厳しくなった選択眼を前面に押し出したコピーは、パルコのものでした。

ロマンチックが、したいなぁ

初心に帰りましょう。自分に素直になって。こちらはサントリーのコピーです。

恋を何年、休んでますか。

臆病になり過ぎるのも考えもの。チャンスの女神はすぐそばで微笑んでいます。こちらのコピーは伊勢丹から。

恋は、遠い日の花火ではない。

あなたの背中を見ている人は、あなたが気付かないだけで、きっとどこかにいます。こちらはサントリーのコピーから。

さよならしたばかりなのに、 また、君に会いたくなりました。

ダイヤモンドがなくてもその気持ちがあれば大丈夫。ピュアな気持ちに幸(さいわい)あれ。ファミリーマートのコピーからでした。

あなたは、もっと、得していい人です。

あなたは、自分で思ってる以上に価値のある人です。あなたを肯定してくれる人、あなた自身を認めてくれる人の手を取りましょう。そこには幸せが待っています。こちらはセゾンのコピーから。

恋は奇跡、愛は意思

恋は落ちるもの。恋を愛に育てるのにも、愛情を育み続けるにも意思の力が必要です。恋を愛に変えていくのはあなたです。ルミネからでした。

人生が、ラブストーリーでありますように。

「人生が、ラブストーリーでありますように」は、明治製菓による企業広告シリーズのコピーです。2007年より年に一度、バレンタインに合わせて新聞広告として掲載され続けてきました。愛されることで続いてきた、明治のミルクチョコレートを彩る名コピーは、愛されるための静かな決意に貫かれていました。

毎日じゃなくてもいいんです。年に一度だけでも、大切な人には言葉にして伝えないと、ちゃんと愛も伝わりません。言葉にして伝えることで、あなたの人生はいつでも祝福されたものに変わるんです。

この記事を書いたユーザー

ウォルサム このユーザーの他の記事を見る

とある地方都市在住の暇な人です。おかたいところとばっかり縁があった反動で、すっかりゆるふわ好きになりました。リラックスして楽しめる、そんな情報をお届けしたいと思ってます。

権利侵害申告はこちら