カイワレが触手に見える

出典 http://www.env.go.jp

共感してる人もいる

色々な植物やフィギュアとの絡みが考案される

かいわれ大根の成長を時短で見ると

出典 YouTube

0:11秒過ぎから時短映像開始

かいわれ大根の育て方は簡単

【必要な材料と道具】

スーパーのトレイ(発泡スチロールでもプラスチックでも何でも可)
脱脂綿(ドラッグストアで購入)
カイワレ大根の種子

出典 http://rikabank.org

種をまく前に

では早速種子を蒔きましょう。しかしその前にやることが1つあります。種子を水につけて5~6時間放置しましょう。

出典 http://rikabank.org

トレイに脱脂綿を敷く

水につけた後、種子を救出して水を一旦捨てます。そして、トレイに今度は脱脂綿を敷きます。購入したばかりの脱脂綿は重なっているので、少し指でつまんで広げておくと、空気の通り道になって種子が育ちやすくなります。

出典 http://rikabank.org

これに水をかけます。水の量は脱脂綿が湿る程度です。水が脱脂綿からこぼれるほどビショビショにする必要はありません。そして脱脂綿の上に種子を適当に行きましょう(写真のように几帳面でなくても大丈夫です)

出典 http://rikabank.org

アルミホイルでフタをする

休眠から覚めて、脱脂綿の上に蒔いただけではまだ種子は発芽しません。カイワレ大根は暗所で発芽するのです。そこでアルミホイルのふたを作って、完全に真っ暗になる状態を作りましょう。トレイにアルミホイルのフタをつけたあとは、できるだけ暗い場所に置きましょう。かいわれ大根の場合、2~3日もすれば芽が出てくるはずです。それまでは暗所を保ちましょう。

出典 http://rikabank.org

フタを取って観察

本当に一斉に根が出てきて面白いですよ!アルミホイルのフタを取ったあとは、水分が蒸発しやすくなるので、常に水に浸っているようにしましょう。

カイワレ大根の子葉が出てくると、窓辺など明るいところに置くと光合成をして成長が早まります。ただし、光の方向へ成長する「光屈性」が起こるので、だんだん窓の方へ曲がってしまいます。たまに入れ物ごと向きを変えてあげると、上に伸びるようになってきます。

出典 http://rikabank.org

7日程度で収穫

かいわれ大根とフィギュアの融合でしたが、あくまでフェチ的な要素が理解できる人に限ります。食べ物を粗末にするとかそういうことでなく、一緒にすることでフィギュアのオプションだと思えば有りなのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Ryan このユーザーの他の記事を見る

エンタメなどを中心に攻めた感じの記事を作っていきます

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス