今や映画にとどまらず、CMだってCG全盛期。よく見ると「あ、これCG」なんてCMも普通になってきました。自動車のCMだってご多分に漏れず。光の当たり方も背景との組み合わせもCGだったらコストも時間もかかる撮影をしなくったってカッコいいとこ再現可能。色替えだってすぐできちゃう(すぐじゃないことは重々承知)。

でもCGが(手の届く範囲には)無かった時代に一世を風靡したとある自動車のCMがありました。

「街の遊撃手」いすゞジェミニ

2代目のジェミニがヨーロピアンなボディと名コピー「街の遊撃手」を纏いデビューしました。そのCM、最初はヨーロッパの街並みを背景に走っている環境映像チックだったのが気が付けば徐々にエスカレート!

そのエスカレートっぷりを追っていきましょう。

出典 https://www.youtube.com

最初は美しいヨーロッパの街並みを背景に走ってました。

出典 https://www.youtube.com

はじまりは2台並んでのスピンターン…

出典 https://www.youtube.com

次には2台並んで最後はジャンプ…

出典 https://www.youtube.com

そして音楽に合わせた小技も…

4台での演技のフィニッシュはこちら。
(他の2台は向こう側でスピンターン)

お正月はおめでたく。いつもより多く傾いております!

出典 https://www.youtube.com

日体大もビックリの団体演技に!

出典 https://www.youtube.com

さらに演技は軽く想像を超え…

出典 https://www.youtube.com

地下鉄にだって乗れました!

どうだこのクオリティ!CGじゃできないリアリティ!

CGなんて発想にない時代だからこそ。スタントチームによる実際のクルマを実際に運転しての実写だからの大迫力と高揚感。そして名コピー『街の遊撃手』と小粋な演出。インパクトのあるCMは今でも色褪せては見えないはず。

そしてその裏では…

CM中では車体はきれいに見えますが、間近で見ると車体はボロボロで、片輪走行でひっくり返るアクシデントがあったり、噴水の上を飛ぶCMでは大量の緩衝材を使うなど、地味な努力があって完成していたことは、あまり知られていません。

出典 http://www.gemiweb.jp

特に地下鉄の駅構内を走行するCMでは、元々車が通れるだけの出入り口がなかったため、地下鉄を運営する市にかけあったところ、「元に戻すなら穴を空けても良い」ということで、ジェミニ専用出入り口を掘ってしまったという、驚きのエピソードもあります。

出典 http://www.gemiweb.jp

どうだ!このCGでは再現できないリアリティ!って言ってもよく考えると当時、比べるものなんてなかったわけで。頭の中で思い描いた動きを見せるためには実際にやってみるしかなかったわけで。うーん。

そして今のCGの再現性もそれはそれで素晴らしいもので。そう考えるとこのCMはあの時代だからこそできたのかもしれないですね。時代はまだバブル崩壊前…

当時の「気分」を感じさせてくれるCMだと思います。

至極の演技、とくとご覧あれ

出典 YouTube

後半はもう本当の「演技」になってます。

いすゞブランドの普通車があったことを知らない方が今ではもう多いのかもしれません。いすゞ自動車はこのジェミニだけでなく、117クーペ、ピアッツァ、アスカにビッグホーン…魅力的なクルマを生み出していました。今となってはもうあんなクセのあるクルマたちには会えないのでしょうね。

ま。難しいことはさておき「すげぇーっ!」て頭空っぽにして…考えるんじゃない、感じるんだ(笑

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • エンタメ
  • カルチャー
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら