KDDIは2015年2月4日、小型の位置情報端末「TLI300A」の開発・製造を受託し、製品化したことを発表した。位置情報端末を活用した法人向けサービスを提供するロケーションが開発・製造をKDDIに委託し、同社が販売を行う。

TLI300Aは、M2Mなどの無線機器やシステム設計開発などを手がけるワイヤレスデザインとKDDIが共同で開発したもの。定形郵便物に入る約58×80×8.2mm、重さ約49gの小型のきょう体と、30分ごとに定期位置測位を行った場合でも4週間の長時間駆動を実現した。これらの特性により、郵送物に封入して位置追跡を行ったり、子どもなどに持たせて居場所を確認したりといった用途にも利用できる。

出典 http://wirelesswire.jp

子供や老人に持たせたりすると言う用途では非常に便利だと思うけど、ひとつだけ懸念点があるとしたらこれを悪用する人間が出てきやしないか、と言うことくらいでしょうか。

この記事を書いたユーザー

温田スケキヨ このユーザーの他の記事を見る

温田スケキヨと申します。
音楽・ボカロ・ゲーム系・PC/ガジェット系を中心に細々と書くつもりですが、他のジャンルにも手をだすこともあります。
まぁ、正直「つかみ所のない奴」です。

権利侵害申告はこちら