東京駅界隈に仙台発の牛タン店が軒を連ねるようになり、それらのお店を巡っていたってこともあって、ここへお邪魔するのは久しぶり
たまたまのことかもしれませんが、18:00近くのこの時間に席待ちの列がなく、スムーズに席をいただけたことはありがたいことですね

焼き手の姿が臨めるカウンター席も魅力的なのですが、大きな荷物を持っていたワタシは入り口近くの席をいただきゆっくりと…
それほど忙しい時間ではありませんが、ホールスタッフは元気で張りのある声で接客されていますし、動きも機敏でテキパキとしていますので、活気と言いましょうか お店の雰囲気に好印象が感じられます

いただいたのは数量限定という「特切り厚焼定食」
タン元の柔らかいところを厚切りにして、塩を馴染ませて焼き上げたものでありまして、その塩味がサシの脂と見事に調和していまして…
程よい歯応えもありますので、噛むほどにその旨みがお口に広がります

そしてテールスープにはビックリするほどにたっぷりのテールが入っていますし、それがホロホロとした食感は堪りません
すっきりとした塩味のスープに、ネギの香りも加わって…
タンの美味しさもさることながら、このスープはこれだけをいただきに来てもよいほどの優れものでありますね


主観ではありますが、このエリアにある仙台牛たんのお店の中で、ワタシはこちらが一番好きですね

【味の牛たん 喜助】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口キッチンストリート
03-3215-2050

この記事を書いたユーザー

田川 耕 このユーザーの他の記事を見る

飲食店プロデューサー

『外食産業一筋30年 コンサルタント暦20年』
『年間食べ歩き軒数500店超』

30年に及ぶフードビジネス界でのキャリアと実績のもと、飲食店の経営改善から、新規開店・開業・起業・創業などへの支援を行う。
とくに新規開業のプロデュース業務を得意とし、年間500軒を超える食べ歩きから肌で感じた時流の提案を行う。

http://www.c-synapse.jp/

得意ジャンル
  • グルメ

権利侵害申告はこちら