回転寿司業界の王者「スシロー」が回らないお寿司屋さんをオープンさせたと聞き、早速お邪魔してみることにいたします。

女性を意識したコンセプトであるようで、店舗デザインも有名デザイナーによるものが採用されていることでも話題になっているようですね。

先月29日に開店したばかりではありますが、お昼過ぎには席待ちの列が出来るほどに賑わっているのですが…

情報に敏感な女性が集まっているのかと思いきや、スシローが手掛けるお店ってことでの安心感からか小さなお子さま連れのお客さまが多いことにビックリ。

この辺りには多くのお寿司屋さんが並んでいるのですが、小さな子供を連れて行けるお店が無いってことでのことでしょうかね。

店内は白と黒を基調にしたカフェバーのような雰囲気で、確かにこれなら女性受けするだろうなと思わせるシャープな印象。

客席もソファやハイテーブルなど色んなスタイルがありまして… シチュエーションに応じた選び方が出来るようですね。

お店の奥にはコチラの特徴とも言えるカウンターがあって、前菜ツマミグイと称される小鉢がズラリと並べられていまして、9種ほどが用意されているとのこともあって、彩りも美しく美味しそうですね。

そんな小鉢が3つキレイに収まる専用のトレイがあって…

となれば、3つ並べたくなるのが人の心理と言うモノでありますから、上手く出来た仕掛けだと感心させられます。

更にそのトレイふたつが上手く組み合うように作られていますので、ついつい色んなものを取ってしまいますね。

こちらはランチメニューとして提供される「ロールすしのランチプレート」。

新鮮なサラダと具沢山な味噌汁が付いて980円とお値打ちですし、いただいてみましてもそれは納得のレベルでありまして…

これならオフィス街へ出店しても、近隣のOLさんに支持されることでしょう。

アラカルトからもいくつかの商品をいただきます。

「天然えびフライのタルタル」や「カニみそサラダ」はしっかりとしたモノでありまして、これはかなり力を入れて新業態を開発したのだと感心をしていたのですが…

「にぎり」にはガッカリであります。

ネタの良し悪しはさて置いて、型取りされたシャリ玉にネタを乗せただけのものでありますし、わさびも付けられていないとは…

お店としてはあくまでもロール系のお寿司がメインと言うことなのかもしれませんが、これじゃ回るお寿司と変わらないじゃないですか。

味噌汁にはこのようなしっかりとした"あら"が入っていることから、ネタには力を入れていることが窺えますし、その汁のお味もしっかりとしたモノ。

と、これには満足できますね。

ってことで、にぎり寿司のレベルさえ高めていただけると良いのですが…

注文は卓上に運ばれたiPadを使ったセルフスタイルでありまして、自分のタイミングで食べたいモノを食べたいだけ注文することが出来ます。

スタイリッシュかつシャープに… 都会の女をカッコ良く演出する仕掛けが至るところに…

と、これまでも寿司店とは異なる店づくりをしようとした意識が伝わります。

【ツマミグイ】
東京都目黒区青葉台1-30-10 目黒韓国会館1F
03-5720-5431

この記事を書いたユーザー

田川 耕 このユーザーの他の記事を見る

飲食店プロデューサー

『外食産業一筋30年 コンサルタント暦20年』
『年間食べ歩き軒数500店超』

30年に及ぶフードビジネス界でのキャリアと実績のもと、飲食店の経営改善から、新規開店・開業・起業・創業などへの支援を行う。
とくに新規開業のプロデュース業務を得意とし、年間500軒を超える食べ歩きから肌で感じた時流の提案を行う。

http://www.c-synapse.jp/

得意ジャンル
  • グルメ

権利侵害申告はこちら