2月3日には節分の豆まき行事と一緒に恵方巻きを食べるのも日本の週刊になっていますよね。

そんな恵方巻きですが、普通は、マグロやサーモン、エビ、卵などが入っているのが一般的かと思われます。しかし、インターネット上で話題になっている恵方巻きには想像を絶するものが巻かれていました。

「鮎の丸ごと恵方巻き」

これ、食べられることは食べられるのでしょうけど、ビジュアルからして食欲沸かないよね!? というか、どういう意図で作ろうと考えたのか、そこが筆者は気になります。

この人間を恨むような目をした鮎。今にも息を吹き返して人間に食らいつこうとしているかのような鮎。

もう鮎、鮎、鮎、ですよ。

味のほうはどうだったんでしょうね。鮎だけに、塩焼きにしたものを巻いていたのか、それかまさか生の鮎を巻いていたなんていうことはないでしょうね?

どうでもいいけど、正直な感想としては、

「不味そう」

(文/だいちゃん(∀))

この記事を書いたユーザー

だいちゃん(∀) このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス