サッカー日本代表のエースにして現在イタリアの名門ACミランの10番を背負う本田圭佑選手。今でこそ順風満帆なサッカー人生に見えますが、実際には苦難の連続でした。中でもオランダリーグVVVに所属した際のことはその後のサッカー人生にも大きな影響を与えているようです。

サッカー日本代表の絶対的エース本田圭佑

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。

出典 http://ja.wikipedia.org

本田のキックは多彩だ。フルスイングしたときの強烈な一発があり、そうかと思えば窮屈に体を畳みながら際どいコースへ飛ばすシュートも持っている。ボールの置き所がずれていてもキックで調整できるので、30メートルぐらいの距離なら、一瞬でも前が開いたら枠へ飛ばすことができる。

出典 http://www.footballchannel.jp

本田がトップ下に入ると、アタッキングサードで攻撃の起点ができる。ボールが収まるし、リズムに変化を付けられる。チーム全体が崩しにかかる時にスピードアップしたり、逆に落ち着かせたりして相手を揺さぶれる。

出典 http://www.jsports.co.jp

ビッグマウス故にイメージが一人歩きしている人物でもある

ビックマウスは計算?それともポーズ?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今までの発言を聞いているとあえて自分にプレッシャーをかけ追い込んでいるように感じます。

しかし、この動画を見るとイメージが変わるのでは?

VVV時代の本田

出典 YouTube

特に4:45あたりからのシーンに注目。どちらかというと自分の意見を主張する、という部分ばかり目立っている本田選手ですが、とても細かい気配りを感じます。

そしてこのVVV時代、本田は覚醒を遂げた

16ゴール。アシストは公式記録がないが、『フットボール・インターナショナル』誌の集計では13を数える。さらにキャプテン。すっかり本田はフェンロの英雄になった。

出典 http://sportsnavi.yahoo.co.jp

表彰式のあと、本田はピッチへなだれ込んだファンにもみくちゃにされた。代わる代わる肩車され、今季の貢献をたたえられた。ユニホームからスパイク、ソックスまでファンに求められプレゼントしたため最後はパンツ姿で優勝を喜んだ。

出典 http://kyotofan.net

出典 YouTube

今より自分で決めにいく意識が非常に強いのが印象的です。

本田が刺激を受けた言葉の1つがこちら

「お前はいつもパスと走ってばっかりいるけどシュートを決めない。お前が決めているのはユーチューブ(動画共有サイト)の中だけ」

出典 http://www.kpinet.com

この言葉を発したサンドロ・カラブロ選手。本田がCSKAに移籍したあとも連絡をとりあうほど仲良しだそうです。

そのキッパリしたストライカーの姿勢に対して本田は、「そこは俺にないところなんでうらやましい。へたくそと言わずに、謙虚にシュートをうまいと認めながら盗みたい」と、大きく刺激を受けているようだ。また、「チームメートに勝ちたい。負けたらあかんと思っている」

出典 http://syukyuman.blog95.fc2.com

「誰よりも活躍してカラブロからボールを横取って(ゴールを)決めて勝って、カラブロと一緒にまた1部の違うクラブにステップアップしていきたい。それが目標」と語った。さらに本田は、「おれ、弱かったですよ。全部パス出してたじゃないですか」と、その強烈な個性とは裏腹な、過去の“弱かったプレー”を振り返った。

出典 http://syukyuman.blog95.fc2.com

当時の監督ファン・ダイクは本田の性質を見抜いていたようだ

オランダでの本田の恩師ともいえる存在

出典 http://number.bunshun.jp

練習を1週間見ただけですぐに私もジャーナリストやファンの気持ちが理解できた。『すごい選手だ。この能力を最大限に発揮するために“10番”にしよう』。私はそう決心した。

出典 http://www.eaff.com

「本田は頭の良い選手」「本田はオランダで一番のMF」と、本田くんの才能を見抜き、信じ、開花させた監督

自らを「本田のサッカーに恋した一番の人間」とも…

出典 http://ameblo.jp

今後は、周りがケイスケにあわせるようなチームを作るのがベストだと思う。そうすれば日本はもっと強くなるだろう

出典 http://number.bunshun.jp

2010年9月に出た記事ですがまさにそのように日本代表のチーム作りが行われてきました。

このVVVでの礎がなければ今の日本代表もなかったかも?

いまや最も代わりがいない存在

出典 http://shinbishika-guide.com

ロシアW杯でも大活躍が期待されます。

この記事を書いたユーザー

anpeppe このユーザーの他の記事を見る

ラーメンとサッカーをこよなく愛す道産子です。記事もラーメンやサッカーが中心になるかと思いますが、自分が興味をもったこと中心に幅広く記事を書けたら、と考えております。自分の記事を見て少しでも面白い、役に立つ、と思っていただければ幸いです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス