妊娠中の皆さん、妊娠後期に気になってくることと言えばやはり「陣痛・出産」。そして誰しも目指したいのが「安産」ですよね。そこで、安産に導くと臨月妊婦さんの間で話題になっているのが今回お伝えするハーブティー、その名も「ラズベリーリーフティー」。臨月の妊婦さん、そして産後のママが喜ぶメリットだらけのお茶って一体!?

【ラズベリーリーフティーって?】

ラズベリーリーフティーはハーブティーの一種で昔から子宮に対する働きがあると知られています。
効能として、出産が近い時期の臨月(36週~40週)に飲むことで、子宮と骨盤の筋肉強化・強壮作用・収れん作用・子宮の収縮を促すため安産に導くといった妊婦をサポートするメリットがたくさん。また、産後も飲むことで子宮の戻りを助けてくれるため、産後ママの回復をサポートしてくれます。それだけでなく、血液を作るための鉄分をしっかりと補給できるため、母乳の分泌を促し、産後の母乳不足にも効果的といった、臨月から産後まで取り入れてほしい魔法のお茶。
※子宮収縮効果が優れているため妊娠初期~中期に飲むのは避けましょう。
また、妊娠中でなくても産後に生理痛が酷くなったり貧血持ちになるママは数多くいらっしゃいます。ラズベリーリーフティーは生理痛の緩和や女性に起こりがちな貧血を予防するなど妊婦さん以外にもおすすめしたいハーブティーなのです。

【実際に効果を実感している著者!】

実際に著者も37週から愛飲。味はハーブの優しい香りとほのかな甘みでリラックスタイムにピッタリ!ノンカフェインなのも魅力的で、寝る前のホットタイムにも活用していました。一日2回を目安に飲み始めて3日後に恥骨痛が始まり、4日後におしるしが…。すると一週間後の38週に無事に出産、そして陣痛が来てから4時間の安産でした。出産後は後陣痛もなく産後3日目から母乳もスムーズに出るようになり、産後も母乳育児をしている間はティータイムに取り入れていました。嬉しい効果を実感したことから、第一子出産以来、第二子でも取り入れる予定・現在妊娠中のママに積極的におすすめしたりプレゼントしています。

【まとめ】

ラズベリーリーフティーは
・安産を目指す妊婦さん
・美味しくリラックスしながら臨月を楽しみたい方
・産後の体力回復や健康を望む方
・産後に母乳育児を目指すママ
・生理痛が酷い、貧血になりやすい
という方におすすめです。
臨月の妊婦さんは是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

岸川菜月 このユーザーの他の記事を見る

二児の母をしながら美容関連会社に勤務。
特技はママカテゴリー・美容カテゴリー。
趣味は美容とアンチエイジングのStudy。
よろしくお願いいたします。

権利侵害申告はこちら