喉痛に大根はちみつ

喉痛のとき仕事があると辛いですよね。
そんなときにおすすめの江戸時代から伝わる民間療法です。
大根はちみつ。

喉痛に大根はちみつ

ママブロネタ「カラダ&ココロ」からの投稿
みなさま
こんばんは。 
『東京なちゅらるグルメ』サイトオーナーShokoです。
喉痛には大根はちみつ。

ブログで紹介したところ、読者から好評でした。
大根を角切りにして、はちみつに漬け込んで1時間以上待つと、大根の水分が出てきます。それを飲むだけのお手軽さ。喉のヒリヒリ感が治まりました。

なぜ大根はちみつなのか?

大根には強力な消炎作用があり、さらに喉痛などの風邪の時に失われやすいビタミンCが豊富です。
はちみつには過酸化水素という抗菌物質が含まれ消炎・殺菌に昔から使われています。
この2つを合わせた大根はちみつには、咳止め薬よりはちみつの方が咳には効果的として、ペンシルベニア州立大学が研究結果を発表するなど、その効能は臨床的にも裏付けられています。

近年では咳止め薬よりはちみつの方が咳には効果的として、ペンシルベニア州立大学が研究結果を発表するなど、その効能は臨床的にも裏付けられています。

出典 http://www.skincare-univ.com

風邪をひいて喉痛や咳が辛くても薬の飲めない妊婦さんには嬉しいですね。

風邪予防にも

大根はちみつは、ビタミンCが豊富で殺菌効果もあることから風邪予防にもおすすめです。
作って3日ほどは冷蔵庫で保存できますし、作り方も非常に簡単なので、冷蔵庫に常備しておくと快適な毎日が過ごせるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

東京なちゅらるグルメ このユーザーの他の記事を見る

都市銀行総合職勤務の後、米国系金融情報サービス会社に勤務。
長年丸の内OLをしながら、美容まっしぐらのOL生活を楽しむ。
30歳で重度のPMSに悩まされ、日常生活にも支障が出たことから、アロマテラピー・鍼治療・整体・漢方などの代替療法を試みながら、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントで症状が改善。サプリメントと栄養素の勉強をしながら、独学で美容・健康に関する分野での知識を深める。
2013年9月、美容と健康に関する情報サイト運営・PRの会社を設立。
2013年11月 情報サイト『東京なちゅらるグルメ』スタート。
2014年5月 西麻布デトックスサロン・ルフロのビューティーアドバイザー就任。美容・健康に関するPRと企画・運営を行う。

【資格】
サプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)
ベジフルビューティーセルフアドバイザー(日本野菜ソムリエ協会)
イヤービューティーセラピスト(イヤービューティーセラピスト協会)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス