米GoogleはYouTubeにおいて、ブラウザのChromeやInternet Explorer 11、Safari 8、Firefoxのベータ版でアクセスした場合、これまでのFlashではなく、HTML5で動画が再生されるよう、デフォルトに設定したことを明らかにした。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

何故このタイミングで?

回線速度に応じて画質を変更することで再生までの待ち時間を減らせるアダプティブビットレート(ABR)への対応が進んでいなかったため、YouTubeでは約4年前からブラウザのベンダーに対応を働きかけており、解決したことで今回の設定に至ったという。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

メリットは?

全体で50%以上、特に回線が混雑している場合は80%以上のバッファリング時間を削減できる。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

対応デバイスとして、HDMIスティックのChromecast以外にも、XboxやPlayStation 4(PS4)などゲーム機もライブストリーミングに利用できるとしている。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

従来比で通信帯域を35%抑えながら高画質なビデオを配信可能としている。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

ファイルサイズが小さくなることで、より多くの人が4KやHDの60fps映像も配信しやすくなり、再生までの時間もこれまでに比べ15~80%早くなるという。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

HTML5の新しいフルスクリーンAPIにより、標準のHTML UI上で、4Kビデオにもフル対応した全画面表示が行なえるという。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

1つの対応プレーヤーで様々なプラットフォームや暗号化技術に対応したことで、スムーズに再生できるとしている。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

Google Hangoutを使ったビデオチャットが、別途プラグインなどを必要とせずブラウザ内で行なえる。

出典 http://av.watch.impress.co.jp

設定の仕方は?

「HTML5プレーヤーをリクエストする」をクリックするだけ

これで設定は終わり

適応されているかは動画の上で右クリックするとそれぞれのメニューが表示されます

flash playerの場合のメニュー

HTML5の場合のメニュー

この記事を書いたユーザー

Ryan このユーザーの他の記事を見る

エンタメなどを中心に攻めた感じの記事を作っていきます

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス