国際結婚している方や留学中、海外在住者、外国人のお友達がいる方なら「真珠湾攻撃」「クジラ捕鯨」などに関する質問をされた事があると思うのですが、そのとき皆さんはどうお答えになっていますか?

真珠湾攻撃のことでアメリカ人によく言われること

真珠湾攻撃のことで意地悪な外国人から言われたのが “最初にアメリカに戦争をしかけたのは日本!それも日曜日に!パールハーバー港をいきなり攻撃した!!でも原爆落され負けちゃった!ha ha ha〜” “負けちゃった”は日本語で言われました。

本当の戦争の原因は何なのか?答えられる人は少ないと思います。なぜなら原因にはたくさんの理由があるからです。例えば、アメリカは日本の発展を良く思っていなかったため日本の発展の邪魔をしていたので日本は戦争に踏み切ったなど。でもこれをアメリカ人やイギリス人に言うと私の経験では言い合いがエスカレートしてケンカになります。なので私はいつも “戦争が起こったと言う事実はいまさら変えられない。アメリカやイギリスの学校の授業でどう戦争について学んでいるか知りませんが学んだことだけで判断するのは間違っていると思います” と言ってその場を納めています。たぶん外国人の方も学んだ事だけで判断するのは間違っていると分かっていると思うのですが生まれ育った国を優先に考えるは自然なことなので仕方ありませんね。なので、この問題は永遠に続くと言えるでしょう。

クジラ捕鯨でイギリス人から言われたこと

2015年1月17日ロンドンで動物保護団体が日本イルカ漁に抗議するデモ行進を行いました。

イギリスのメディアでもよく取り上げられるこの問題。
日本だと賛否両論ですがイギリスやアメリカでは絶対に許せない行為のようで日本大使館前でデモ行進している映像などを目にします。
私はイギリス人にこう聞かれた事があります。“日本人はなぜクジラ、イルカ、アザラシ、アシカ、ペンギンを食べるの?” 正直に私はクジラを一度だけ食べた事はあるがイルカなどは食べたことなどないです。と言いましたがイギリス人やアメリカ人にはクジラを食べること自体が理解できないのです。この問題も分かり合う事の出来ない問題の一つだと言えるでしょう。

南京大虐殺・領土問題

私はこれら問題の事をよく知らないので外務省ホームページの詳しい説明を読んで下さい。


「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。
しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。
日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んでいく決意です。

出典 http://www.mofa.go.jp

外務省の答えがこれだけなのに驚きましたが “戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んでいく決意です” には同感です。

私は領土問題にあまりにも無知でしたので色々とネットで検索して少しですが勉強しました。今度また外国人に聞かれたらよい返答が出来るように。しかしネットに書いてある領土問題の事を読んでみて思ったのは、韓国国民、中国国民の根強い日本の侵略歴史に対する怒り、ロシアのクリル経済発展計画と言う開発プログラム(ロシアは既に北方領土に投資し学校や水産加工工場などを建設している)これらの事からしても領土問題解決への道のりは長く険しいと言えるでしょう。

あと私が言われた事があるのはビートルズ解散のことですね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス