昔は外で走り回る子どもたちが沢山いた・・・。
しかし、今は外でもDSなどのゲームをしている子どもたちをよく見かける・・・。
そんな中北海道の教育委員会がなんと、ノーゲームデーを設定したそうです・・・。

子どもたちの学力の低迷はゲームのしすぎにも原因があるとして、道教委などは、毎月第1・第3日曜日は子どもたちがゲームをしない、「ノーゲームデー」とするよう呼びかけています。
道内の子どもたちの全国学力テストの成績は、全国平均を下回っていて、道教委は、長時間ゲームをする子どもたちが多く、家庭学習の時間がゲームに取られてしまっていることにも原因があるとみています。
このため道教委やPTAなどで作る実行委員会は、2月から、第1・第3日曜日を「ノーゲームデー」として、大人も子どももゲームをしないよう呼びかけることになりました。
また、第1日曜日にあたる2月1日には、ゲームをしないで親子で楽しんでもらうため、道内各地で、スノーラフティングや釣りなどを体験するイベントを開くことにしています。
道教委・生涯学習課の浅井真介課長は、「ゲームから離れることで、家族との団らんや友人との体験学習の時間が増え、望ましい生活習慣の定着につながれば」と話しています

出典 http://www.nhk.or.jp

発想は古いし、みんなするのでしょうか?そもそも、今は親がゲーム世代ですよね・・・。

非難の声

まあ、こうなりますよね・・・。

古いという声

次はなにが規制されるのでしょうか・・・?

家族団らんにならなかったという声

ゲーム以外でも家族団らん以外の過ごし方はありますもんね・・・。
ずっと寝るとかw

その他の声

ごもっともな話です。
子供が1人で部屋でゲームも出来ず暇してる・・・。
そんな事になりかねない・・・。

最近は土日祝日関係ない人も多いですもんね・・・。
私みたいに、自分で仕事をしている人間にとっては死活問題に・・・。

営業妨害ですよね・・・

本当になりそうで怖い・・・。
一部の過激なPTAとかの圧力で・・・。

これもありそうですよね・・・
教育委員会のお偉いさんが視察・監視とかいってゲームしているという図・・・。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス