隠れ家のような入り口

黒壁の中にひっそりと佇む入り口を入ると、黒装束の”くの一”が出迎えてくます。席に案内されるまでの様々な仕掛けは、まるでからくり屋敷のようです。

入り組んだ異空間は、外国人だけでなく日本人も魅了

海外のメディアにも多く取り上げられ、来店者の4割は外国人。著名人もお忍びで訪れるそうで、壁に来店記念のサインが見られる部屋もあるそうです。

本格的な料理はコンセプトレストランの枠におさまらない

一流料理店で修行した15名のシェフが作り出す料理はどれも絶品。「名物 灼熱投石鍋 葉隠之術」や「灼熱冷麺氷変化」など忍びを感じさせるネーミングも秀一ですが、料理の仕上がりも美しく目でも舌でも楽しませてくれます。

メニューに並ぶのは厳しい審査会で合格した料理

定期的に開かれる審査会医は、各界の料理専門家出席する本格的なもの。要人やハリウッドスターの接待に使われるというのも納得です。

twitterの感想は、日本だけでなく海外からも

10年経っても予約が取りづらいレストラン

オープンから10年経っても、なお予約が取りづらい人気店。一度訪れると、その魅力が分かるはずです。デートに接待に家族の記念日を、異空間で過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

スマイル このユーザーの他の記事を見る

二人の娘をもつワーキングマザーです。
季節ごとのイベントや育児、流行りモノなど、自分が気になることを記事にしていきます。
よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス