「逆説の10カ条」はケント・M・キース(Kent M.Keith)さんが
大学生の時に書いたものです。

この言葉が後、自然とマザー・テレサの目に留り世界中に広まりました。

ここまで人の心に訴えかけてくる言葉が今まであっただろうかというぐらい
心にしみる良い言葉ばかりです。

「逆説とは皆が信じている意見とは対照的な考えであり、常識と矛盾しているようでありながら真実であるものです。」

出典 http://www.amazon.co.jp

「逆説の10カ条」

1、人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。

それでもなお、人を愛しなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

2.何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。

それでもなお、良いことをしなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

3.成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。

それでもなお、成功しなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。

それでもなお、良いことをしなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。

それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。

それでもなお、大きな考えをもちなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。

それでもなお、弱者のために戦いなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。

それでもなお、築きあげなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

9.人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。

それでもなお、人を助けなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

10.世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。

それでもなお、世界のために最善をつくしなさい。

出典 http://ja.wikipedia.org

作者について

ケント・M・キース
アメリカの行政官僚、講演家。ニューヨーク生まれ。 ハーバード大学、オックスフォード大学で哲学と政治学、早稲田大学で日本語を学び、ハワイ州立大学で法学博士号を取得。1979年よりハワイ州の経済企画開発局の要職を歴任し、同局長として州政府の閣僚を務めた。その後も私立大学の学長、YMCAのリーダーなどを務める。

出典 http://ja.wikipedia.org

この記事を書いたユーザー

こうたろう このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。

見やすく、分かりやすい記事を作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!

権利侵害申告はこちら