専業主婦になって早5年。
4歳と2歳のやんちゃ坊主二人の育児で寝ても覚めてもヘロヘロの毎日。
最低限の家事しかしたくないズボラ主婦の私は、正直昼ごはんを作ること、それどころか食べることすら面倒くさいというのが正直なお話。
さすがに何も口にしないのは気が引けるので、夕飯の残りを2歳の息子に優先的に与え、自分は納豆ごはん、卵かけごはん、昆布の佃煮にお茶漬け……なんて、ド素人の私にも栄養が足りていないことがわかるようなメニューばかりです。

専業主婦の昼ごはんと聞くと“ママ友とランチ”なんて優雅なシーンを想像する人もいるはずですが、少なからず私の昼ごはんとそのイメージは月とスッポン。雲泥の差があるのが事実です。

さすがに私ほどズボラな人ばかりではないにしても、きちんと一汁三菜を揃える主婦の方なんて存在するのでしょうか?

専業主婦が食べている昼ごはんについて、興味深いデータがありました。


「晩ごはんの残り」           ・・・56.6%
「昼ごはんとして料理したもの」 ・・・42.3%
「食パンや菓子パン」        ・・・37.1%


半数以上が「晩ごはんの残り」と回答。
そのほか、4人にひとりは「朝ごはんの残り」、

5人にひとりは「お弁当の残り」と答えており、

専業主婦は、残り物がある時にはそれで済ませるという方が多いようです。

 
一方で、「昼ごはんとして料理したもの」と回答した方は約4割。

小さなお子さんやご主人など同居のご家族が自宅で昼食を食べる場合

料理している方が多いようですね。なるほど!




出典ベルメゾン生活スタイル研究所

やはり、基本は残り物ですよね。
けれど、確かにご両親と同居されている方は毎回残り物だけ、という訳にはいきませんよね。
昼ごはんもきちんと作っているという主婦のみなさん、頭が下がります。

女性の平日ランチは、『300円以下』が約7割



「201円~300円」 ・・・23.8%
「101円~200円」 ・・・20.2%
「1円~100円」   ・・・15.1%




「500円以下」では、9割以上という結果に。



みなさん、晩ごはんや朝食の残りなどで上手に節約しているようです。

出典ベルメゾン生活スタイル研究所

昼食に400円のコンビニ弁当は高いと感じてしまう私は、ケチなのかと思うこともあったけど、この結果を見て一安心。

やはり、節約は主婦の基本。自分の食費から削るというのは当然のことなのかもしれません。

ちなみに贅沢ランチについてはこんな結果が……

少し贅沢なランチは、4人に1人が『月1回』



「1カ月に1回くらい」         ・・・23.5%
「平日の昼食は外食しない」 ・・・21.1%
「半年に1回くらい」       ・・・14.4%

 
「2カ月に1回」より少ないという方は、半数以上。
少し贅沢なランチの頻度は多くないようです。

出典ベルメゾン生活スタイル研究所

こちらも納得の結果。
私自身も、友達と1000円を超えるようなランチをするなんて月に1回あるかないかです。

忙しい毎日の中で、自分のためだけに昼ごはんを用意するというは、働いているご主人にはわからない大変さがあるはず。

たいていの専業主婦は、夕飯の残り物や300円以内で買ってきたお惣菜済ませているんです。

『誰かに作るのは面倒くさい。けれど、自分のためだけに作るのはもっと面倒くさい』
。矛盾しているようにも感じるけれど、多くの主婦のみなさんは、事実こう思っているのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

aju このユーザーの他の記事を見る

約5年間のポンコツ専業主婦生活にピリオドを打ち、2015年ライターに復帰しました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス