2014年の2月から育休をとって、もうすぐで丸1年です。本当にあっと言う間でした。でも、1年前に生まれた次男が歩けるようにまでなっているので、それなりに時間が経ったことは実感できます。

この間、海外に長期で滞在したりと、それまでの生活環境、仕事環境、とは全く違うところにいたことで、感じることがありました。

■世界との差が広がる教育

子どもをシンガポールの幼稚園に入れてみたことをきっかけに、教育に関して見えることが変わってきました。

日本では2014年の夏にインターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢がオープンしました。今までの日本にはなかったスタイルでアジア中から生徒を集めることにも成功して話題の学校です。

でも、日本に出来たからすごいのであって、世界的に見ると、(たとえばシンガポールから)それほど斬新ではない気もします。

シンガポールであった、スウェーデン人親子から聞いたスウェーデンの宿題やテストがない教育スタイル、インド出身で英国から来たインド人親子の算数の話など、世界の教育が進化しているのを感じました。それも聞けば、ここ数年(長くても20年以内くらい)の話だというのです。

■日本の教育は工業社会に適した人間をつくる

世界では工業化社会が、すでに終わろうとしているにも関わらず、日本では、依然として、マークシートで決まった正解を求める旧来型の教育という感じがします。工業社会で優秀な労働者を排出することを目的とされたものだと感じます。

余談ですが、保育士資格を受験中の身ですが、その試験ですら、マークシートで重箱の隅を突くような細かい知識(だけ)を求められます。そこには、子どもと対話できるか?子どものポテシャルを引き出す心構え、技術があるか?などは一切求められていません。

一方、海外の教育のスタイルは、とっくに寺子屋スタイルになっているのです。日本人からすると、?と思うかもしれませんが、実は、21世紀の教育こそ、寺子屋スタイルに戻るべきだと感じています。

NPO法人CANVASの石戸奈々子の著書『子ども創造力スイッチ!』には”寺子屋の特徴”がこう書かれています。

<1つ目には、個別学習であったということです。今のような一斉授業ではなく、1人1人にあった往来物(教科書のようなもの)が渡され、年齢や習熟度に合わせた学びが提供されていました。

2つ目は、生きる力が育まれていたということです。読み書きそろばんを基本としながらも、日常生活に必要な実践的な知識や道徳律を学ぶ場でした。そして、主体的に学ぶということが重視されていたといいます。

3つ目は、子どもたち同士の教え合い、学び合いが存在していたということです。学年がばらばらの子どもたちが同じ空間で学んでおり、先生だけではなく、年上の子どもたちが、年下の子どもたちに教えてあげていました。>

出典石戸奈々子著(2014)『子どもの創造力スイッチ!』(フィルムアート社)

実は、日本で今の教育スタイルが確立したのが明治維新以降、もっと限定すれば、いわゆる戦後だと思います。そうするとたかだか、わずか70年弱の歴史です。

しかも、戦後確立された産業構造が大きく変わろうとしている、初めての時期に差し掛かっているのが、今の時代です。

ですから、教育も大きく変わらなければならない時期だと感じます。

続きは以下へ。

この記事を書いたユーザー

吉田和充 このユーザーの他の記事を見る

吉田和充/東京都出身

クリエイティブコンサルタント/クリエイティブコネクター

得意分野は、食や農、遊び、学び、育ち、子どもといった「人の真ん中」に携わる部分。

経営戦略、広報広告戦略の立案、プロデュースや、商品、新規事業開発、海外進出プロデュースなどの企業や店舗、個人の課題解決をしています。

海外のいろんなところに住んで、世界中で仕事をしたい、という中2的妄想を持つ40代クリエイター。

2015年保育士免許取得(←予定!)
2014年次男誕生に際して1年間の育児休暇を取得。
男子2児の父。

権利侵害申告はこちら