毎年1月にセンター試験が開催されますが、そもそもセンター試験とは何なのでしょうか?

センター試験とは?

例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる、日本の大学の共通入学試験

出典 http://ja.wikipedia.org

センター試験は私立大学、国公立大学に出願する受験者が受験することができます。

センター試験はなぜある?

センター試験は国公立大学の一般入試の1次試験という位置づけです。センター試験と大学ごとの試験の点数で合否が決まります。国公立大学を受験する場合は、センター試験の受験が必須なのです。センター試験は私立大学志願者も受験可能です。センター試験の点数を利用した入学方法もあります。問題は選択肢問題です。

誰が問題作成している?

大学入試センターの「教科科目第一委員会」に所属する、国公私立の大学教員などを中心とした約400人が作成している

出典 http://ja.wikipedia.org

センター試験の問題は大学の多くの教員が作成しているんです。この委員会の任期は2年となっています。

センター試験にまつわる噂

センター試験にはさまざまなうわさがありますが、その噂の1つに選択肢の3番と4番が答えの確率が高いというものです。これはネット上でも話題になっています。私もセンター試験を受けましたが、3番と4番に多くマークした記憶があります。でも実際、はずれが多かったです。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら