ゴスペルシンガー達がポニョを歌うとすごいことに!!!!
見事なハーモニーを聞いているだけでワクワク、ノリノリに。

私的には最初のくだりで

ポニョポニョ青い海からやってきた〜 「Thank you!」※合いの手
ポニョポニョふくらんだ〜〜〜〜〜〜(もう弾けそう)
まんまるお腹の女の子〜〜〜〜「おなか」※合いの手

「おなか」の合いの手がツボにハマっちゃいました。




ゴスペルと言えば、日本でまだゴスペルが流行る20年ほど前、
バックパックでアメリカの旅をした。
旅の目的のひとつはブラックゴスペルを生で聴くこと。
当時、日本人が黒人教会に足を運ぶことなんてことはほとんどなく、
知り合いに連れて行って貰わないと、教会のあるエリアは危険だし
一人では行けないよ。と言われた。
友達にお願いしてクリスチャンの人を探してもらい、
その人の通う教会に連れて行って貰えることになった。
まず行くことにあたり必要なことはドレスアップ.....
教会に来ている人たちは、まさにみんなビシッとキメキメで
小さい男の子はスーツ着用、おばさん達も色とりどりのワンピースに身を包んでいた。

ドキドキしながら参加した礼拝。
英語は中学生レベルで渡米したので何を言っているのかほとんど分からず、
礼拝形式は伝統的な感じで想像していたのと違うな〜と思いながら
まあ、こんなものなのか......(と内容も分からないくせに)と
思いながら帰ろうとした時、お隣の席の人が
「今晩コンサートがあるから良かったらどうぞ」と誘って下さった。
そして、大喜びでコンサートに行った。

すると、昼間とは雰囲気が全然違い、なんだか活気に溢れている。
なぜか、通路にナースの服を着た人たちが沢山立っている。
不思議に思いつつも、子ども達のかわいい歌からスタートし
大人のクワイアへ。
これぞ観たかった、聴きたかった本場ゴスペルの嵐。

そして、大いに盛り上がってきたその時、一人の人が痙攣し始めた。
その瞬間、その痙攣が隣の人に伝染し、次から次へと
失神!そして、その時にナースが始動した。
「お〜!この為に居たんだ。」と、ビックリしつつも
気付いたら感動で涙が止まらない。
隣に座っていた、大きな太っちょのおばちゃんに抱きしめられて
なぜかおばちゃんの胸の中で号泣。

まさに、ブルースブラザーズの世界を生で体験できた。
(ジェームスブラウンの熱唱するあのシーン)
その後、NYなどで、何度も黒人教会に足を運んだけれど
このような体験は一度もない。
私には20年以上たった今日でも忘れられない思い出の一つ。

と、前置きが長くなりましたが、
本場ゴスペルの人たちの歌うポニョをお聴きください。

出典 YouTube

このラフさが最高です。

崖の上のポニョ完成系

出典 YouTube

私的には、外でラフに歌っているものの方が好きですが....完成度の高いポニョ。

The Glory Gospel Singersのライブ

出典 YouTube

こちらは、彼らが唄う本物のゴスペルライブ映像です。
ポニョもいいけどやっぱりこれがいいですね!

日本でも沢山のゴスペル教室があります。
ゴスペルの良さと言えば、GOOD NEWSのことなので、
歌詞がポジティブなものしかないこと
また、大きな声で歌うことができる。
私は音痴だから.....と言う人でも大丈夫!何故なら沢山の人と歌うので
口パクもOK。笑
でも、音痴な人が混ざっていても、味になるのがゴスペルの良さでもあると
私はそう思います。
ぜひ聞くばかりではなく参加して、心と体をリフレッシュしてみてはいかがですか?

この記事を書いたユーザー

Cana このユーザーの他の記事を見る

サッカー三昧の中学生の息子と力持ちシンガーの旦那のガテン系3人家族。子育て奮闘中。クリエイティブ系の仕事をしながら、Gospel Hulaの講師もしています。1日1日を大切にしながらチャレン精神と遊び心を忘れないように精一杯生きています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス