100均の木製品や、ホームセンターで販売されている白木のすのこ、踏み台などを使って、オリジナルのアンティーク風のインテリアに変身させてみませんか?

バターミルクペイントを使ってみよう

バターミルクペイントとは

バターミルクペイントは牛乳のタンパク質を主成分に、天然成分で出来た安全なペイントです。水性塗料なのでシンナーのような独特の匂いがなく、まるで絵の具で絵を描くような感覚でペイントができます。ペイントを薄めたり、他の色を混ぜて使うこともできます。

乾燥後は、他の塗料と同じように濡れて剥がれ落ちることもありません。

バターミルクペイントはお子さまにも安心

【原料】
・ミルクカゼイン(牛乳由来のタンパク質)
・石灰
・顔料(自然界から精製された天然顔料)

※DIYはもちろん、お子さまが使われても安全です。

出典 http://colore.milk.tc

牛乳原料のペイントなので安心です。

アーリーアメリカンの時代から使われていた

開拓時代のアメリカの職人は、独自のペイントカラーを出すために、農作物や土・煉瓦の粉を顔料として『バターミルクペイント』を創り出していた。当時は、この塗料を家具や家のデコレートに使っていたという。

出典 http://colore.milk.tc

バターミルクペイントの特徴

アーリーアメリカンの淡い柔らかい色調で、乾燥すればマットな仕上げに。耐水性に優れ、抜群の吸着性と伸びが特徴で、家具・壁・インテリア・屋内外の木製品に使用できます。

ペイントの下塗りやフォーフィニッシュ(※大理石や木目、メタリックなどの質感に似せた疑似塗装)やステンシルにも最適です。何色かのバターミルクペイントを組み合わせて、オリジナルの色彩を作ることができます。

カラーがとにかく可愛い!

出典 http://vividvan.co.jp

どの色も淡いパステルカラーですね。

どこで手に入れる?

筆者は、ガーデニング雑貨が大好きで、自宅から車で行けるエリアのガーデニング雑貨shopを開拓しています。雑貨shopでは、稀にワークショップなどが開催されることがあり、木製のガーデニングテーブルをミルクペイントで塗り、ジャンク風に変身させるイベントに参加しました。

そちらの雑貨shopではオンラインshopでミルクペイントを取り扱っていました。DIYコーナーがあるホームセンターでも、Old Village バターミルクペイントを取り扱う店舗もあるようです。しかし、すべてのカラーが揃っているわけでもなさそうです。

Amazonがオススメ

出典 http://www.amazon.co.jp

価格は50mlで\388 送料が掛かりますので、1色だけではなく何色か揃えるのがお得でしょう。

さて、何を塗ってみる?初心者にオススメなのは

出典 http://ameblo.jp

ダイソーの木製ガーデニングフェンス。これなんかどうでしょう?

出典 http://9p3q6.blog.fc2.com

セリアの木製トレイなんかも塗りやすいですね。

出典 http://goodsshops.exblog.jp

同じくセリアのガーデニングコーナーにある園芸台。大きさが初心者向き。

出典 http://39.benesse.ne.jp

セリアのミニシェルフ。セリアには木製グッズが豊富にありますね。

100均の木製グッズで練習してみよう

ペイントを塗るアイテムも100均で揃えてみましょう。

出典 http://www.live-science.co.jp

スポンジ。

出典 http://www.kendepot-pro.com

紙やすり。

出典 http://auntiefoct.ocnk.net

スポンジで全体的にムラなく伸ばします。

出典 http://wheelchair.jugem.jp

こんな風に角を紙やすりで擦るとアンティーク風にアレンジできます。

出典 http://ameblo.jp

オシャレに変身。

さらにジャンク風に見せるクラッキングに挑戦してみよう!

バターミルクペイントを重ね塗りをすれば、さらにジャンク風に見える「ひび割れ」を作ることができます。市販の「オールクラックアップ」というクラック剤を使うとプロのような仕上がりになりますが、低コストでひび割れ仕様にできる「水ノリ」を使ってみましょう。

上塗りは下塗りで使用したペイントと同じバターミルクペイントを使います。
①下塗り:バターミルクペイント
②クラック剤:水ノリ
③上塗り:バターミルクペイント

の順番になります。

刷毛を使うと便利

出典 http://ameblo.jp

ひび割れ加工をする時は刷毛を使うと便利です。

下塗りをする

出典 http://ohhashi.net

下塗りは素材の木材が隠れるようにしっかりと塗っていきます。下地の色はこれから上に塗るペイントがひび割れた時に見えてくる色になります。※ダークな色がオススメ。

水ノリを塗る

出典 http://ohhashi.net

下塗りがしっかりと乾いてから水ノリを刷毛で全体的に塗ります。

上塗りをする

出典 http://ohhashi.net

水ノリが乾いたら(※生乾きから指に付く程度)一気にバターミルクペイントを塗ります。

乾くとこんな風にアレンジできます

出典 http://www.self-reform.com

かなり本格的なジャンク加工。

さいごに

いかがでしたか?普段使っているインテリアも、自分の手をちょっとだけ加えれば、アンティークやジャンク風な家具や雑貨に変身します。早速試してみませんか?

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス