子育て中のお父さん、お母さん、お疲れ様です。

子育てって手がかからなくなるまでほんの数年と分かってはいても、毎日毎日、追いかけたり叱ったり後始末したり、なかなか大変ですよね。

海外のサイトで、子育てに役に立つハックが紹介されていました。
その中から日本であまり知られていない、かつ日本でも使えそうなアイディアを8つ、ご紹介します。

赤ちゃん編 洗濯カゴでおもちゃの散らかり防止

洗濯カゴをバスタブへ。その中におもちゃと、なんと赤ちゃんまで入れてしまいます。
おもちゃの散乱防止ということで紹介されていましたが、しっかりしたカゴなら赤ちゃんにとっても安定感があっていいかもしれませんね。滑りにくくなりますし、いつでも手の届くところにおもちゃがあるので手を伸ばして顔にお湯が…なんてことも起こりにくいと思います。
ただ、立ったり歩いたりできる赤ちゃんの場合、カゴごとひっくり返ったりしないように十分ご注意ください。もちろんお座りしかできない赤ちゃんも、目を離さないように!
そのほか洗濯カゴは赤ちゃん用の道具ではありませんので、指を挟まないか、とがった部分はないかなど、ご確認の上お試しください。

幼児編 プールで使うあれで指はさみ防止

この青いクッション、プール・ヌードル(プールの麺)というそうです。
水泳教室なんかで見かける、細長い浮き輪のようなものです。

アクアポールという名前で売っていることもあるようです。

20㎝くらいの長さに切って、ドアの上部に挟むだけ。
バタンと閉まって子どもの指を挟むリスクを防げます。

ストロー状に中央に穴の開いているプール・ヌードルだと簡単にできそうです。

素材はポリエチレンフォーム、EVAフォームなどというのでしょうか?
ビート版のようなやや硬くてしっかりした素材ですので、ぽろぽろ崩れてゴミが出ないのもいいですね。

お風呂のおもちゃなどでも代用できるかもしれません。

※ 追記
セリアという100円ショップで、売っているのを見つけました!
120cmでしたので、これを買えれば108円で家中のドアにつけられそうです。

幼児編 いちいち抱っこしなくても洗面所で手が洗える

使うのはシャンプーやベビーローションの空き容器。
自宅の蛇口の形状に合わせてカットすると、蛇口が伸びます!

費用はゼロ、簡単ですからこれは試す価値ありですね。
ただ水を出すのには、大人の助けが必要なようです。

子ども編 迷子防止に素敵なアイディア!

このブレスレットはスポーツ好きな子どものものでしょうね。
アメフトや野球、バスケットボールのボールのビーズがかわいいですね。
男の子のものかもしれませんね。

ポイントはお気づきの通り下半分にある数字です。
ここに親の携帯電話番号を入れて作ってしまうのです。

万一迷子になっても、これを見せれば連絡してもらえますね。
あからさまな迷子札と違って可愛いので、子供も喜んでつけてくれるでしょう。

子ども編 棒アイスが崩れてもあれで受け止める!

子どもが棒アイスを食べるとき、アイスがたれたり崩れたりして服が汚れるのはよくあること。
そこで使うのがお弁当やカップケーキに使うアルミ製カップです。
常備しているお宅も多いのでは?

大きめのアルミカップの中央あたりに棒アイスの棒の部分を突き刺すと、多少崩れてもカップが受け止めてくれます。
これはいいアイディアだと思います。

こちらはファーストフードやカフェでもらえる、紙コップのふた(プラスチック製)。
ストローを差す穴がありますから、そこに棒アイスの棒の部分を差せばいいのです。

こちらはプラスチック製なので、たくさん受け止めてくれそうですね。

食べざかり編 簡単ひと手間でレンジの電気代を節約

食べざかり、育ちざかりの子どもがいると、電子レンジがフル稼働する日もあります。

電子レンジに丼物は2杯入らないけれど、こうすれば入るかも!
一度に2杯温められて経済的ですね。

2杯を温めるのに、レンジを2回使うと1杯の2倍の時間とお金がかかりますが、一緒に温めると1.2倍くらいの時間とお金しかかからないはずです。

もちろん丼に限らず、形によってはお皿に乗った料理でもいけます。
安定したマグカップなどに載せてやってみてください。

ティーンエージャー編 部屋を片付けさせるには?

お母さんからメッセージです。
------------
Mom

I'm leaving for the weekend so I hid $100 in your room for food, clean your room and you will find it.
------------
ママ

週末ちょっと出かけるから、食事代100ドル(約1万円)あなたの部屋に隠しといた。部屋片付ければ見つかるよ。
------------

お母さん素敵です。
アメリカでは100ドル札はあまり流通していないので、20ドル札を5カ所に隠した可能性もありますね。

お子さんが、片付けないでお金を探してさらに部屋をぐちゃぐちゃにしないことを祈ります。

この記事を書いたユーザー

じゅじゅごん このユーザーの他の記事を見る

IT業界20うん年。ITのほか育児、料理、英語、日本語などに興味がある中高生2人の子を持つ母。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス