地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、 一般的に1月11日が鏡開きの日とされています。

あと数日で鏡開きということで、事前に鏡開きの意味などを予習しておきましょう。

鏡開きとは

出典 http://www.kagamimochi.jp

お正月は年神様をお迎えする行事であり、その年神様の依り代(年神様が宿ると考えられているもののこと)となるのが鏡餅と言うのはご存知でしたでしょうか。年神様がいらっしゃる間の期間を松の内と言います。(関東は7日、関西は15日)その松の内が終わった後11日に食べるのが鏡開きの始まり。元々は15日か20日に食べていたとも言われています。

鏡餅を開くこと(鏡餅を食べること)で年神様をお送りし、お正月に一区切りつけるそんな意味を込めて鏡開きというしきたりがあり、1年の一家一族の無病息災を願うと言われています。飾ってそして11日に開いて食べると言う一連の行事をすることに意味があるのです。

鏡開きのマナー

鏡餅を包丁で切るということは、切腹を連想させるので、
マナーに反すると考えられています。

鏡餅は、一般的に木槌で開くことが縁起が良いとされています。

最後まで美味しく食べる

食べられれば何でもよい鏡開きのお餅。何にしなくてはいけないなどの風習はありません。


おしるこやかきもちにして最後まで美味しく食べ、無病息災を願いましょう!

鏡開きの風習と言うのはもう今ではあまり知る人は少なくなってきました。なんとなく正月が終わったらすぐに仕事になり忘れてしまいがちです。
たまには昔の風習の意味を調べて、家族に豆知識を披露してはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス